126話「ニューヨークにきて10日」

ニューヨークにきて10日が経ちました。

今住んでる場所は、去年住んでたアパートのほんの数件となりの建物で、
毎日野菜や果物を買いに行っていた近所のスーパーの店員や、デリのおっさん、
顔を覚えててくれてる人達が、また帰ってきたんだね〜と声をかけてくれたり、
地元を歩くように当たり前にどこに何のお店があるとか、
これが欲しかったらあそこの店が一番安いとか、
いろいろ体が勝手に動く感覚がとても気持ちいい。

外を歩いてる時、ふとした瞬間に香る何かの匂いに、
それが決して良い香りじゃなくても、懐かしさがこみ上げる。

私の大好きな旅の仕方の1つで、ゆっくり1つの町に滞在して、
行きつけの商店や、考え事をする時にいつも行く場所や道、
お気に入りのスポットや毎日顔を合わせて挨拶する人に出逢って、
その町を去って、何ヶ月後かに同じ街に戻ってみる事。

そして懐かしさの中に新しい事を発見したり、
懐かしさにおもいきり甘えてみたり。

常に新しい場所へ旅するのとは全然違う感覚で、
自分の変わった所や成長したかなー?って思う事や、
まだまだ去年の自分と比べて何も変わってないなー、
成長出来てないなーっていう両面を実感出来る。

生活も少し落ち着いて、ほとんど家の中で制作してるんだけど、
ちょっとスーパーに行ったり、パークを散歩するだけで、
ちょっとずつちょっとづつ、増々ニューヨークが好きになっていく。

こっちにきてから海にももう3回も行っていて海に入るんではないんだけど、
ただただ太陽光を浴びて数時間充電してます◎

前はこんなにリフレッシュ方法が分からなくて、
毎日のように苦しんで、泣いて、それでも必死にしがみついて。。。
みたいな感じだったけど、今私が感じるニューヨークは、
私を暖かく見守るお母さんみたいな存在です。

時には厳しい、、、でも、それも愛。みたいな。

大好きな場所に居られて、制作してると、
普段と違う感覚が手に宿ってきて、勝手に動き出す。

それをこの数週間ニューヨークに来る前は完全に見失ってて、
どうやって作っていいのか本当にわかんなくなっちゃうくらい、空っぽでした。

もちろん技術とかを忘れちゃう訳じゃないから、
基本の形や、今まで作った事のあるデザインなんかは
引っ張りだしてくれば全然作れるんだけど、
過去に作った物と似たような物を作ってても飽きてきちゃって楽しくなくって、

毎回毎回新しいものを作る楽しみを体が覚えてしまってるから、
そうではない物作りをしようとすると手が動かなくなっちゃうんですよね。

なーんにも考えずに、
ただただ大好きな場所に居て、
美味しいごはん食べて、好きな人とだけ過ごし、好きな景色見て、
嫌な事全部しなければ、
子供みたいに、まっさらな画用紙にたくさんの色を使っておもいきり自由に絵を描くように、
見たもの、感じたもの、全てを作品として表現することが出来る。

当たり前の事のようで、私にとってはとても難しい事のように思える。

だけど今は大丈夫大丈夫って思えます。

そんな感じで新しい生活の中、
最近仕上がったばかりの新しい作品を明日日本に発送します。

ニューヨーク制作第一弾、
来週あたりにはもう各委託店さんのほうに届き始めると思います。

少しでも多くの人に手に取ってもらいたい、身につけてもらいたいです。

WebShopの方の商品もおかげさまですべて完売状態なのですが、
そちらも徐々にアップしていくのでよろしくお願いします^^

また、今回新しく原宿の方のお店で委託販売がスタートします*
その件はまた後日ご紹介させていただきたいと思います**

ニューヨークに来て、日本に居る時に比べ少しゆっくりですが
一つ一つ良いものを作っていきますので、どうぞよろしくお願いします***

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment