91話「無限に広がる人生ゲーム」

NYから日本へ。

一人きりの移動時間っていうのは、
本当に色々考えさせられる。

最近、私は人生をすごろく的に考えるんだけど、
昔流行った「人生ゲーム」のように。

その私のプレイしてる人生ゲームの
1マス1マスにあらかじめ書かれている事柄は、
幼い頃から夢見た未来もあれば、
幼い頃から思ってた理想とは真逆の、
さいころがなるべくそこに私を連れてかないでいてくれる事を
願うような事柄もあって。

人生をそんなふうにして考えると、とっても楽しい。

止まりたいマスに、止まれない数字のサイコロの目が出て、
一度通り過ぎてしまったとしても、
それが最後じゃなくて、
たまに「6マス戻る」とかのおかげで戻れちゃう事もあって、

だいぶ先までワープとかも出来ちゃって、
それが嬉しかったり、嬉しくなかったり、

新しい恋人と出会ったり、別れたり、また出会ったり、
仕事が軌道に乗ったり、辞めたり、
孤独を感じたり、幸せを感じたり、

私が想像さえすれば無限に広がる人生ゲーム。

次の目標が決まったら、
そのゲームの中に一コマ増やせばいいだけ。

そのうちサイコロ振るのも神がかってきて、
集中して振ればそのマスに最短距離で進んでいけるようになる。

全部目の前で起こってる出来事は、自分が想像した未来。

そしてその人生ゲームをプレイしてるのは紛れもなく自分一人で、
他の人には他の人の人生があるから、
私は自分の番が回ってくるのを待つ必要なくて、
嫌なマスに着いてしまったら、
そこに書いてある事をさっさと経験して
またすぐサイコロ振り直せばよい。

そんな事考えながらNYから、戻ってまいりました。

日本に帰ってくると、仕事がとてもスムーズです。

語学力の関係でコミュニケーションが取りやすいのもあるけど、
それとは別に、頼んだ仕事も速いし、
仕事を頼んでくれた人も信頼できる。

日本は仕事が進んでく感覚がとても早いですね。
無駄がない。

NYでは、相手に何度も確認したのに、
あれ?話が違う。。なんて日常茶飯事でしたがw

その代わりしっかりと集中してないと
あっという間に時間が流れ過ぎるから、
落ち着いて制作作業に打ち込めるか不安もあるけど、

とにかく、、やってみます。
見てて下さい。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment